不動産投資のメリット

不動産投資をする方が多くいますが、その理由の一つに挙げられるのがメリットが豊富にあることです。
 
まず初めにメリットとして紹介できるのが、生命保険の代わりに運用できることです。不動産投資を考えている方の中には自分が亡くなった後、家族の生活を心配に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
人が死ぬ時というのは基本的に高齢になった時や病気になった時です。もし一家の大黒柱である旦那様が70歳で亡くなった場合、配偶者である奥様も比較的高齢になっている可能性が高くなります。もし、旦那様が生活費を工面していて、奥様が専業主婦をされている場合、今から社会に出て働くことは難しくなります。もしお子様がいらっしゃったとしても、既に自分の家族を持っている可能性が高くなるため、お子様に面倒を見てもらうことは難しい方もいるでしょう。
 
このような時に、不動産投資をして戸建などを賃貸していれば、その建物がある限り旦那様が亡くなった後でも家賃収入として得ることができるので、残された家族の生活を維持することができます。
 
また、年金の代わりに家賃収入を得ることができる点もメリットになります。基本的に老後になれば年金を受給することができますが、年金をもらえる年齢に達していない場合はアルバイトをしている定年退職者も少なくありません。不動産投資をすれば家賃収入を得られるため、年金暮らしになったとしても家賃収入を生活費に充てることができます。